このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもと英会話

グローバル社会になっている現在、英会話を話すことができた方が有利になる可能性は高いと言われています。
なかには、わが子に英会話を学ばせたいと思っている人もいるでしょう。
ところで子供に語学教育をする場合、いつから始めるのがベストなのでしょうか?

実は、子供英会話ですが、できるだけ早い時期から始めた方がいいと言われています。
語学を学ばせることで、日常生活で使える英語をマスターする必要があります。
日常生活で使える英語についてですが、総合的な能力がどうしても必要になります。
発音力やリスニングの能力、英語を日本語に転換することなくそのまま考えることができる能力などが必要です。

このような能力を開発するには、まだ脳が発達している幼児の段階で教育を受けさせた方が有利と言われています。
語学は、時期を逃してしまうとなかなか取り戻すことが難しい分野と言われていることを頭の中に入れておきましょう。
英会話教室で子供英会話を学ばせるためには、まず耳で聞くことが重要です。

耳で英語を聞くことによって、外国語と親しむことが重要なのです。

ところで、世界中でいろいろな言語がありますが、言語それぞれに独特の周波数を持っていることをご存じでしょうか?

ちなみに私たちの母国語である日本語ですが、250〜1500ヘルツが音域と言われています。
この言葉を正確に聞き取るためには、日本語仕様の耳を獲得する必要があります。
他にも英語には英語の、フランス語にはフランス語の、中国語には中国語の独特の音域があります。
そこでそれぞれの音域に耳を慣れさせる必要がどうしてもあるわけです。

この耳の能力ですが、ある程度子供は成長してしまうと固まってしまうと言われています。
つまり日本語だけを聞いているとその日本語の音域で耳が固定されてしまうので、なかなかほかの国の言葉の音域を聞き取ることが難しくなってしまうのです。

幼児でも0歳から3歳くらいであれば、まだ音域が固定されていない状況にあるかと思われます。
この時期に語学に親しませることによって、英語などの他の言葉の音域にも耳がしっかりと対処することができるようになるのです。

そうすれば、英語の聞き取りの能力なども、それなりに高いレベルのものを維持することができるようになります。
ある医者は「人間は聞くことのできる音しか発音することができない」と指摘しています。
ですから早い段階から語学教育することが重要なのです。

Copyright (C)2018お手軽英会話!語学学習を楽しもう.All rights reserved.